top of page
  • 岡山医学科進学塾 教務部

ボーダー発表。

大手予備校のセンターボーダーが発表され始めましたね。


河合塾では岡大の医学科は801点からA判定が出ているようです。


医学科進学塾の塾生は3名がA判定のボーダーを超えることができ、

喜ばしく思っています。


まだ二次試験も残っているので、気を引き締めてここから

さらに追い込んで勉強をしてもらいます。


センターの予想平均点も出ていますが、

昨年より18~21点ほど低くなるようですね。


今回はセンター試験最後であり、また来る共通テストに向けて、

出題者からのメッセージも含まれているのではないかと思います。


文系科目・理系科目問わず、設問をよく読み、題意を如何に的確に掴むかが

得点のカギになっていました。


難しいと言われた数学も意図が読めてしまえば、計算量は控えめな分、

点数は出るような形式でしたね。


これは、来年以降に受験する方々への重要なヒントになるではないかと思います。


普段の学習においても、ただ目の前にある知識を覚え、問題に答えるのではなく、

出題者の意図、文章に込められた情報を探りながら取り組む姿勢が重要になってきます。


今、学校のテストで点数が取れているとしても、決して安心しないでください。


もう、来年のテストまで1年ありません。


日々後悔のない学習を行いましょう。


岡山医学科進学塾では、二次直前対策も行っています。





閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

川崎附属高校生・保護者様、 長期休暇は理系科目に力を入れてください。 普段の学習時間が不足してるのは英語ではなく、理系科目、特に理科です。 大学進学後すぐ詰みます・・・。

本日、塾生の保護者様からとても嬉しい連絡を頂きました。 鳥取大学医学部医学科に見事合格したというお知らせでした。 素晴らしい! 本当に素晴らしい! 中学生の頃から通塾して頂いていたこともあり、喜びも格別です。 中学生の頃から勉強に対する努力を厭わない生徒でしたが、その姿勢は医学科現役合格 という高いハードルをクリアするには欠かせない資格だと思います。 二次試験の数学が全然ダメだったと言っていました

bottom of page