• 岡山医学科進学塾 教務部

反復試行の確率は同じ条件の作業を繰り返すときに使おう!

最終更新: 2019年1月30日

今回は確率の反復試行を取り扱います。

同じ条件の作業を繰り返すときに用いる考え方で、色々と応用ができます。

 まずは公式を確認しましょう。


知っているだけでかなり計算が楽になるのでしっかり使い方を覚えましょう。


それでは問題を解いてみよう。


 以下の問いに答えよ。

(1)さいころを6回振る。そのうち5以上の目が4回出る確率を求めよ。


(2)原点から出発して数直線上を動く点Pがある。硬貨を投げて表が出れば点Pは右に4だけ、裏が出れば左に2だけ進む。硬貨を4回投げるとき、点Pの座標が4である確率を求めよ。


(3)1~4の数字が書かれたカードが各1枚ずつの計4枚ある。また原点から出発してxy平面上を動く点Pがあり、この点Pは以下のルールに従って動く。


4枚のカードのうちから1枚選んで引いたとき

・ 1のカードを引いたならば点Pは右に1進む

・ 2のカードを引いたならば点Pは左に1進む

・ 3のカードを引いたならば点Pは上に1進む

・ 4のカードを引いたならば点Pは下に1進む


カードは1枚引くごとに元に戻すものとする。

この作業を6回繰り返したとき点Pが原点にいる確率を求めよ。






こちらのページでは都合上、解説が書ききれないので詳しい解説はアメブロのほうに載せています。リンクを下に貼っているのでそちらで確認をお願いします。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12418588559.html



96回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

鳥取大学医学部医学科現役合格!

本日、塾生の保護者様からとても嬉しい連絡を頂きました。 鳥取大学医学部医学科に見事合格したというお知らせでした。 素晴らしい! 本当に素晴らしい! 中学生の頃から通塾して頂いていたこともあり、喜びも格別です。 中学生の頃から勉強に対する努力を厭わない生徒でしたが、その姿勢は医学科現役合格 という高いハードルをクリアするには欠かせない資格だと思います。 二次試験の数学が全然ダメだったと言っていました

川崎医科大学推薦入試合格1名!

新年早々に生徒から嬉しい連絡をもらいました! 岡山医学科進学塾で指導している川崎医科大学附属高校の受験生が、 無事、推薦入試に合格致しました! 非常に真面目で良く勉強する生徒でしたが、寮生活という特殊な環境の中で、 自分のリズムを守り、勉強し続けるというのはとても大変だったと思います。 川崎医科大学附属高校での生活や合格までの道のりをまとめた合格体験記は 近日公開予定です。 受験生のみなさん、共通