top of page
  • 執筆者の写真岡山医学科進学塾 教務部

方べきの定理は円があれば要注意!

今回は方べきの定理について扱います。まずは方べきの定理について確認しましょう。


経験上、数学に慣れていない人ほど方べきの定理に気づかないことが多いです。

 さらに問題の導入部分で用いることがほとんどなので、なかなか気づけず時間が足りなくなったり、その大問ごとまるまる落としてしまったりしたことがある人もいると思います。

 ここで皆さんに身に着けてほしいのは、「円があるから方べきの定理を使うかも...」という意識です。このちょっとした意識だけで解ける問題の幅はだいぶ広がります。結果的に方べきの定理を使わなかったとしても、確かめに時間はあまり使わないので邪魔にもなりません。

 ぜひ今回でこの意識を身に着けてください。それでは問題を解いてみましょう。


〈問題〉

∠B = 90°である直角三角形ABCがある。BCを直径とする円OとACの交点をPとする。

また、AB=4 , BC=3である。

(1) APの長さを求めよ。


PからBCに垂線を下ろし、その交点をHとする。

さらにAHとBPの交点をQとする。


(2) CHの長さを求めよ。

(3) △PQHの面積を素因数分解した形で求めよ。






こちらのページでは都合上、解説が書ききれないので詳しい解説はアメブロのほうに載せています。リンクを下に貼っているのでそちらで確認をお願いします。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12436390597.html


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

川崎附属高校生・保護者様

川崎附属高校生・保護者様、 長期休暇は理系科目に力を入れてください。 普段の学習時間が不足してるのは英語ではなく、理系科目、特に理科です。 大学進学後すぐ詰みます・・・。

鳥取大学医学部医学科現役合格!

本日、塾生の保護者様からとても嬉しい連絡を頂きました。 鳥取大学医学部医学科に見事合格したというお知らせでした。 素晴らしい! 本当に素晴らしい! 中学生の頃から通塾して頂いていたこともあり、喜びも格別です。 中学生の頃から勉強に対する努力を厭わない生徒でしたが、その姿勢は医学科現役合格 という高いハードルをクリアするには欠かせない資格だと思います。 二次試験の数学が全然ダメだったと言っていました

Comments


bottom of page