• 岡山医学科進学塾 教務部

方べきの定理は円があれば要注意!

今回は方べきの定理について扱います。まずは方べきの定理について確認しましょう。


経験上、数学に慣れていない人ほど方べきの定理に気づかないことが多いです。

 さらに問題の導入部分で用いることがほとんどなので、なかなか気づけず時間が足りなくなったり、その大問ごとまるまる落としてしまったりしたことがある人もいると思います。

 ここで皆さんに身に着けてほしいのは、「円があるから方べきの定理を使うかも...」という意識です。このちょっとした意識だけで解ける問題の幅はだいぶ広がります。結果的に方べきの定理を使わなかったとしても、確かめに時間はあまり使わないので邪魔にもなりません。

 ぜひ今回でこの意識を身に着けてください。それでは問題を解いてみましょう。


〈問題〉

∠B = 90°である直角三角形ABCがある。BCを直径とする円OとACの交点をPとする。

また、AB=4 , BC=3である。

(1) APの長さを求めよ。


PからBCに垂線を下ろし、その交点をHとする。

さらにAHとBPの交点をQとする。


(2) CHの長さを求めよ。

(3) △PQHの面積を素因数分解した形で求めよ。






こちらのページでは都合上、解説が書ききれないので詳しい解説はアメブロのほうに載せています。リンクを下に貼っているのでそちらで確認をお願いします。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12436390597.html


0回の閲覧

お問い合わせ

メールまたはお電話でお気軽にご連絡ください

tel.png
お問い合わせ.png
IMG_8915.png

​岡山医学科進学塾

岡山県岡山市北区本町6-36第一セントラルビル3F

Copyright 2018 igakukashingaku.com