• 岡山医学科進学塾 教務部

方べきの定理は円があれば要注意!

今回は方べきの定理について扱います。まずは方べきの定理について確認しましょう。


経験上、数学に慣れていない人ほど方べきの定理に気づかないことが多いです。

 さらに問題の導入部分で用いることがほとんどなので、なかなか気づけず時間が足りなくなったり、その大問ごとまるまる落としてしまったりしたことがある人もいると思います。

 ここで皆さんに身に着けてほしいのは、「円があるから方べきの定理を使うかも...」という意識です。このちょっとした意識だけで解ける問題の幅はだいぶ広がります。結果的に方べきの定理を使わなかったとしても、確かめに時間はあまり使わないので邪魔にもなりません。

 ぜひ今回でこの意識を身に着けてください。それでは問題を解いてみましょう。


〈問題〉

∠B = 90°である直角三角形ABCがある。BCを直径とする円OとACの交点をPとする。

また、AB=4 , BC=3である。

(1) APの長さを求めよ。


PからBCに垂線を下ろし、その交点をHとする。

さらにAHとBPの交点をQとする。


(2) CHの長さを求めよ。

(3) △PQHの面積を素因数分解した形で求めよ。






こちらのページでは都合上、解説が書ききれないので詳しい解説はアメブロのほうに載せています。リンクを下に貼っているのでそちらで確認をお願いします。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12436390597.html


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

物理のエッセンス解説動画配信中!

岡山医学科進学塾の看板講師である真辺先生の解説動画をYouTubeで配信しています。 現在は物理のエッセンスを主に解説していますが、今後様々な科目・単元をアップしていく予定ですので、是非見てみてください。 きっと学習の手助けになると思います。 動画はコチラ→『真辺先生の解説動画』

オンライン個別指導。

東京都をはじめ、コロナウィルスの感染者が急増している都府県で緊急事態宣言が出されましたね。 緊急事態宣言が出されていない県にいても不安はありますし、一人一人が「3密」を避ける生活を心がける必要があると思います。 岡山医学科進学塾では、現在も開校しておりますが、ご家庭の要望があれば通塾ではなく、 オンラインの個別指導に切り替えることも可能です。 これまでも、県外・海外のご家庭を対象にオンラインの個別

合格体験記を更新しました。

岡山大学医学部医学科に現役で合格した生徒が書いてくれた合格体験記を更新しました。 非常に大切なことを書いてくれたと思いますので、是非読んで参考にしてください。 特にある程度勉強しているにも関わらず、点数が上がらない学生の皆さんには是非読んでいただきたいです! ・自分に合った問題集を何周も解く。 書くと簡単そうですが実際にやってみると大変・・・、 と言うより自分の意思だけで効果がでるまで継続して実践

お問い合わせ

メールまたはお電話でお気軽にご連絡ください

tel.png
お問い合わせ.png
IMG_8915.png

​岡山医学科進学塾

岡山県岡山市北区本町6-36第一セントラルビル3F

Copyright 2018 igakukashingaku.com