• 岡山医学科進学塾 教務部

(数ⅡB)不等式の表す領域

 今回は数Ⅱより不等式の表す領域について扱います。

今までは座標平面上に、方程式をもとに直線・放物線・円を描いてきました。

ということで、方程式(=)が表すのは「線」であるというイメージを持ってください。

すると不等式(< や >)は、「線」から離れたところを表すことが考えられるのではないでしょうか?

 もっと細かく言うと、例えば直線の方程式 y = ax + b の (x,y) は直線上の点を表しています。

つまり直線上の y 座標は ax + b で表されているということになります

 それに対して、不等式 y > ax + b を見てみると、この不等式の y は直線上の y 座標である ax + b よりも大きいということになります。よって不等式 y > ax + b の表す領域は直線よりも y 座標の大きい部分となります。

 こんな感じで方程式(=)と比べてみると、不等式(< や >)が表す領域がわかります。

領域の形を覚えてしまった方が手っ取り早いのですが、忘れたときの思い出しの方法として参考にしてみてください。

 以下に不等式の表す領域を紹介します。確認が済んだら問題を解いてみて下さい。






いかがでしたでしょうか?

イメージさえできてしまえば特に難しくはないですね。

ぜひ参考にしてみてください。


アメブロの方にも問題を載せているのでぜひご覧ください。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12449791391.html

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

オンライン個別指導。

東京都をはじめ、コロナウィルスの感染者が急増している都府県で緊急事態宣言が出されましたね。 緊急事態宣言が出されていない県にいても不安はありますし、一人一人が「3密」を避ける生活を心がける必要があると思います。 岡山医学科進学塾では、現在も開校しておりますが、ご家庭の要望があれば通塾ではなく、 オンラインの個別指導に切り替えることも可能です。 これまでも、県外・海外のご家庭を対象にオンラインの個別

合格体験記を更新しました。

岡山大学医学部医学科に現役で合格した生徒が書いてくれた合格体験記を更新しました。 非常に大切なことを書いてくれたと思いますので、是非読んで参考にしてください。 特にある程度勉強しているにも関わらず、点数が上がらない学生の皆さんには是非読んでいただきたいです! ・自分に合った問題集を何周も解く。 書くと簡単そうですが実際にやってみると大変・・・、 と言うより自分の意思だけで効果がでるまで継続して実践

岡山大学医学科現役合格!

本日、嬉しい知らせが届きました! 当塾の受験生が岡山大学医学部医学科に無事現役合格してくれました! 今年の岡山大学の二次試験は、数学に1題、例年には見られない高難度の問題が出題されており、どうなることやらとハラハラしておりました。 現役生と浪人生を比べるとやはり演習量では負けてしまいますし、 今年はセンター試験が最後の年でもあり、難関医学科志望の学生がどれだけ降りてくるかも 心配でした。 しかし、

お問い合わせ

メールまたはお電話でお気軽にご連絡ください

tel.png
お問い合わせ.png
IMG_8915.png

​岡山医学科進学塾

岡山県岡山市北区本町6-36第一セントラルビル3F

Copyright 2018 igakukashingaku.com