• 岡山医学科進学塾 教務部

(数ⅡB)不等式の表す領域

 今回は数Ⅱより不等式の表す領域について扱います。

今までは座標平面上に、方程式をもとに直線・放物線・円を描いてきました。

ということで、方程式(=)が表すのは「線」であるというイメージを持ってください。

すると不等式(< や >)は、「線」から離れたところを表すことが考えられるのではないでしょうか?

 もっと細かく言うと、例えば直線の方程式 y = ax + b の (x,y) は直線上の点を表しています。

つまり直線上の y 座標は ax + b で表されているということになります

 それに対して、不等式 y > ax + b を見てみると、この不等式の y は直線上の y 座標である ax + b よりも大きいということになります。よって不等式 y > ax + b の表す領域は直線よりも y 座標の大きい部分となります。

 こんな感じで方程式(=)と比べてみると、不等式(< や >)が表す領域がわかります。

領域の形を覚えてしまった方が手っ取り早いのですが、忘れたときの思い出しの方法として参考にしてみてください。

 以下に不等式の表す領域を紹介します。確認が済んだら問題を解いてみて下さい。






いかがでしたでしょうか?

イメージさえできてしまえば特に難しくはないですね。

ぜひ参考にしてみてください。


アメブロの方にも問題を載せているのでぜひご覧ください。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12449791391.html

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

鳥取大学医学部医学科現役合格!

本日、塾生の保護者様からとても嬉しい連絡を頂きました。 鳥取大学医学部医学科に見事合格したというお知らせでした。 素晴らしい! 本当に素晴らしい! 中学生の頃から通塾して頂いていたこともあり、喜びも格別です。 中学生の頃から勉強に対する努力を厭わない生徒でしたが、その姿勢は医学科現役合格 という高いハードルをクリアするには欠かせない資格だと思います。 二次試験の数学が全然ダメだったと言っていました

川崎医科大学推薦入試合格1名!

新年早々に生徒から嬉しい連絡をもらいました! 岡山医学科進学塾で指導している川崎医科大学附属高校の受験生が、 無事、推薦入試に合格致しました! 非常に真面目で良く勉強する生徒でしたが、寮生活という特殊な環境の中で、 自分のリズムを守り、勉強し続けるというのはとても大変だったと思います。 川崎医科大学附属高校での生活や合格までの道のりをまとめた合格体験記は 近日公開予定です。 受験生のみなさん、共通