top of page
  • 執筆者の写真岡山医学科進学塾 教務部

(数ⅡB)倍角・半角の公式を用いた三角不等式

 今回は数Ⅱより、倍角・半角の公式を用いた不等式を扱います。

前回の三角方程式と同様に角度をそろえて因数分解をすればよいです。

 しかし、不等式であるときは因数分解をした後に注意が必要です。

例えば

① A×B > 0 のとき

「A > 0  かつ B > 0」 または 「A < 0  かつ B < 0」

2つの数の積が正ならば、「どちらも正」または「どちらも負」

② A×B < 0 のとき

「A > 0  かつ B < 0」 または 「A > 0  かつ B < 0」

2つの数の積が負ならば、「2つの数は異符号」

というように、積の符号の条件で答えていかなくてはなりません。

 条件で分けた後は見たことのある形になっているので解が出せると思います。

それでは実際に問題を解いていきましょう。





いかがでしたでしょうか?

基本さえ押さえておけば問題なく解けますね。

基本が抜けている人はブログ内の別の三角関数に関する記事を参考にしてみてください。


アメブロの方にも問題を載せているのでぜひご覧ください。

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

川崎附属高校生・保護者様

川崎附属高校生・保護者様、 長期休暇は理系科目に力を入れてください。 普段の学習時間が不足してるのは英語ではなく、理系科目、特に理科です。 大学進学後すぐ詰みます・・・。

鳥取大学医学部医学科現役合格!

本日、塾生の保護者様からとても嬉しい連絡を頂きました。 鳥取大学医学部医学科に見事合格したというお知らせでした。 素晴らしい! 本当に素晴らしい! 中学生の頃から通塾して頂いていたこともあり、喜びも格別です。 中学生の頃から勉強に対する努力を厭わない生徒でしたが、その姿勢は医学科現役合格 という高いハードルをクリアするには欠かせない資格だと思います。 二次試験の数学が全然ダメだったと言っていました

Kommentare


bottom of page