• 岡山医学科進学塾 教務部

(物理)等加速度直線運動の3公式は絶対覚える!

今回は物理から等加速度直線運動について扱います。

物理については初めて扱うので、物理全般で使える問題を解くポイントを先に紹介します。


<物理の問題を解くときのポイント>

① 公式を知っておく(覚えておく)

② 与えられている情報を図示する。このときの各値や文字も必ず記入する。

  また、状況が変わったらその都度図を書いていくのが好ましい。

③ 図から起きている現象を推測し、その現象に合った公式にあてはめる。

 ①~③を簡単に言うと、起きている現象を理解して式におこせばよい、です。

 現象を理解することが難しいときは、なぜそうなったのかという理由を考えてみて下さい。理由がわからなかってときは、単に知識不足が原因なので解説や教科書をよく読むようにしましょう。


 それでは等加速度直線運動について触れていきます。

等加速度直線運動の問題を解くうえで、1つ気を付けることは正の向き・負の向きについてです。

特に指示がなければ、初速度の向きを正の向きとすればよいです。逆向きならば符号はマイナスと覚えておきましょう。あとの細かいところは問題を解きながら覚えていってください。

では、公式を確認して問題を解いてみましょう。




いかがでしたでしょうか?

アメブロの方にも問題を載せているのでぜひご覧ください。

https://ameblo.jp/okayama-igakukashingaku/entry-12442769374.html

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

鳥取大学医学部医学科現役合格!

本日、塾生の保護者様からとても嬉しい連絡を頂きました。 鳥取大学医学部医学科に見事合格したというお知らせでした。 素晴らしい! 本当に素晴らしい! 中学生の頃から通塾して頂いていたこともあり、喜びも格別です。 中学生の頃から勉強に対する努力を厭わない生徒でしたが、その姿勢は医学科現役合格 という高いハードルをクリアするには欠かせない資格だと思います。 二次試験の数学が全然ダメだったと言っていました

川崎医科大学推薦入試合格1名!

新年早々に生徒から嬉しい連絡をもらいました! 岡山医学科進学塾で指導している川崎医科大学附属高校の受験生が、 無事、推薦入試に合格致しました! 非常に真面目で良く勉強する生徒でしたが、寮生活という特殊な環境の中で、 自分のリズムを守り、勉強し続けるというのはとても大変だったと思います。 川崎医科大学附属高校での生活や合格までの道のりをまとめた合格体験記は 近日公開予定です。 受験生のみなさん、共通